マヒナマインスタジオ

サンイリオス鍼灸院院長 桑井太陽

自分の身体をもっと知ろう!セルフボディメンテナンス。

桑井太陽先生

鍼灸マッサージ師であり、アスレティックトレーナーのサンイリオス治療室の桑井太陽先生から学ぶ「セルフボディメンテナンス術」
健康かつ正しい姿勢に導くウォーキング術をご紹介します。まずは、カラダの重心とバランス、姿勢の仕組みについて復習しましょう。

カラダを健康に保つ簡単実践エクササイズ 腹筋運動編2

鍼灸マッサージ師でありアスレティックトレーナーのサンイリオス治療室、桑井太陽先生から学ぶセルフボディメンテナンス術。7月・8月は、『カラダを健康に保つ実践エクササイズ』と題し、日常生活のちょっとした空き時間に取り入れやすい具体的なストレッチや体操をご紹介しましょう。

座ったまま腹筋を鍛えるリーチ動作

先週からお送りしている『カラダを健康に保つ実践エクササイズ』腹筋運動編。今週は、座位でできる腹筋運動をご紹介しましょう。

リーチ動作

1. 膝が直角に曲がるくらいの高さのイスに座り、足を大きく開きます。
2. 右手を肩の高さに挙げ、手のひらを下に向けなるべく遠くへ手を伸ばします(写真 リーチ動作)。背筋を真っ直ぐ伸ばしたまま、上体を右に傾けます。この時、右下腹部の筋肉が堅くなっているのを意識しましょう。


3. 右手をゆっくり戻し、元の姿勢に。次に、同じ手順で左手を伸ばし、左下腹部の筋肉を伸ばします。伸ばした手側の足の甲に体重をかけながら運動するのがポイントです。

日常生活に必要な遠心性収縮

横たわって上半身を起こす運動(=Sit Up)は、腹筋を求心性収縮(=コンセントリック収縮)させる運動。それに対し、リーチ動作は遠心性収縮(=エキセントリック収縮)となります。日常生活の中では、求心性より遠心性のほうが、より頻繁に行い必要な筋肉の収縮。そのため、リーチ動作で腹筋を鍛えることが、カラダに良い姿勢の保持につながります。
デスクワーク中でも気軽にできるリーチ動作。遠くのものを取るような意識で手を伸ばし、まずはその姿勢を10秒キープしましょう。慣れたら少しずつ時間を延ばし、30秒キープできればOKです。

体験受講のお申し込みはこちら

PAGETOP