妊娠13週からのマタニティヨガ(からだと心の調和をして「よいお産」に)妊娠13週から出産まで、正常妊娠の妊婦さんならどなたでも参加出来るクラスです。

こんな方におすすめです!

  • 妊娠中のマイナートラブル(腰背痛、むくみ、便秘など)を改善したい方
  • 出産力を高めたい方
  • 妊婦さん同士の交流の場が欲しい方

からだと心がめまぐるしく変化する妊娠中、
「おなかの赤ちゃんのために何かしたい」「妊娠中を心地よく過ごしたい」「どんな出産になるか不安…」
いろんなことを思い、悩むことも多いのではないでしょうか。
マタニティヨガで心地よく動いて、日々変化する自分のからだや心と向き合い、メンテナンスしていきませんか?
マヒナマインスタジオは妊婦さん同士のコミュニケーションの場でもあります。
妊婦さん同士でお話ししたり、出産を経験した先輩ママさんのお話を聞いたりするなかで、不安な気持ちが解消できて「マタニティライフが楽しく過ごせました!」という声をたくさんいただいています。

お客様の声

妊娠20週(20代)
妊娠中にどの程度動いていいかわからなかったのですが、スタジオでヨガをすることで安心して体を動かせます。
色々な週数の妊婦さんと接することが出来て楽しく参加させて頂いています。

妊娠35週(30代)
マタニティヨガにより、様々な不調の予防になったと感じています。
おかげさまで大きな体の不調はなく、家でもヨガのポーズをして体調を整える事が出来ました。

妊娠36週(30代)
妊娠中の体力維持と安産の為の呼吸法を目的にマヒナマインのマタニティヨガクラスにきましたが、ここまでお産に直結した指導を行って頂けるとは思いませんでした。
先輩妊婦さんや、産後ママさんからの情報も多く、早い時期から出産、育児に向けて心の準備が出来ました。ヨガ初心者でしたが、柔軟性が飛躍的に向上し、嬉しかったです。

(Mさま)
こんにちは。
ご報告なんですが、4月28日 PM1:12に元気な男の子を無事出産できました!
朝方いきなり陣痛、おしるし、破水とドタバタで病院到着して4時間、分娩台上がって30分で出産とゆー安産でした。
マタニティヨガで毎回分娩台の練習をやっていたのがほんっとに役立ったので、マヒナマインのマタニティヨガを通ってすごくよかったです。
助産師さんたちにもほんとに初産?って驚かれました。
しばらくヨガ行けませんが、落ち着いたらベビーマッサージや産後ヨガを受けたいと思っています(*^_^*)
2か月でしたが素敵なレッスンありがとうございました!(^_^)

(Tさま)
予定日より10日早く5月5日に元気な男の子を出産しました!
5月4日の夕方に前期破水をして入院→5日早朝4時から陣痛が始まり9:14に出産 という、陣痛から出産までわずか5時間強のスピード出産でした!
マタニティヨガの呼吸でいきみ逃しをして矢印のポーズでいきみ、順調に赤ちゃんも出て来てくれました。
本当にマタニティヨガに通って良かったです。
次はベビーマッサージでお世話になりたいと思っています。
家にも帰るので2か月後を目処に考えていますのでよろしくお願いします。

妊娠中のからだの変化

背骨の変化

背骨の変化

妊娠中期から後期になり、赤ちゃんが成長し子宮が大きくなると、その重さのバランスをとろうと、腰がややそり気味になり、背中が丸くなってきます。そのため、背中から腰にかけのカーブが大きくなり、腰・背中・首のいたみに悩まされることも。

母体の変化

赤ちゃんの成長にともない、子宮は大きく広がっていきます。子宮が大きくなるにつれ、あらゆる器官に影響をおよぼし、さまざまな症状が出てきやすくなります。

母体の変化

  1. 子宮が胃や心臓を押し上げる
  2. 食欲不振、動悸、息切れなどの症状が出やすくなります(ただし、出産間近になると、赤ちゃんが下がるので、圧迫感はなくなります)

  3. 膀胱(ぼうこう)が圧迫される
  4. トイレが近くなる、尿漏れなどの症状が出やすくなります

  5. 下肢(かし)の血管が圧迫される
  6. 足のつり、むくみ、静脈瘤などの症状が出やすくなります

  7. 子宮が肋骨下端部(ろっこつかたんぶ)にあたる
  8. 肋骨痛が出やすくなります

  9. 直腸が圧迫される
  10. 便秘や痔になりやすくなります

妊娠初期〜出産までのママと赤ちゃんのからだの変化を詳しくみる

マタニティヨガで「よいお産」に

マタニティヨガのイメージ

マタニティヨガのポーズや呼吸法を行うことで、体を隅々にまで繊細に見つめることができるようになり、母体を支える筋肉は柔軟になり、関節が動きやすくなるとともに鍛えられ、体のバランスが整えられます。
それによって、妊娠中のマイナートラブル(手足のむくみや冷え、肩こり、腰や背中の痛みなど)を予防・改善できます。
レッスンを続けていくと、筋肉や関節の柔軟性が高まり、強化され、産み出すときの自信や力になっていきます。

また、妊娠中に体をつくっておくと、産後にもいい影響が出てきます。
全身の血流が良くなることで、母乳育児のママはおいしいおっぱいがたくさん出ますし、骨盤底筋を意識したポースを行い続けることにより、産後の尿漏れや痔を予防できたりもします。
さらに、妊娠中に体を動かしていることが、産後の体型改善にも役立つなど、良いことがたくさんあるのです。

マタニティヨガは、ママのからだと心の調和をはかり健康へと導くだけでなく、ママと赤ちゃんの関係も平穏な状態に導いてくれるでしょう。

レッスンの動きの一部をご紹介しています。動画をご覧ください。

マタニティヨガ・レッスンの流れ

  1. メディカルチェック
  2. 各自、マタニティ手帳に体調チェックします。

  3. ゆっくりと体ほぐし
  4. 呼吸法でリラックス
  5. マタニティヨガでの深い呼吸は、おなかの赤ちゃんを落ち着かせる力があります。

  6. 妊娠中のマイナートラブルを改善するポーズ
  7. 手足のむくみや冷え、肩こり、腰や背中の痛みなどを予防・改善していきます。

  8. 出産力を高めるポーズ
  9. 骨盤開閉力、骨盤バランス調整、娩出力を強化します。

  10. 全身をゆるめ、深い呼吸でメディテーション
  11. ご自身のお腹の赤ちゃんを見つめます。

マヒナマインのマタニティヨガのポーズ

体験受講のお申し込みはこちら

PAGETOP