妊娠中の「鉄分不足解消」摂るべき食材とは???レバーじゃないですよ〜

  • 2016年09月09日
  • blog

横浜元町女性の為のヨガスタジオ

 

マヒナマインのtomokoです

 

IMG_4214 (2)

IMG_4200

 

 

妊娠中のお悩み解消!!

 

「貧血」「たちくらみ」

 

以外と多いです。

 

女性はもともと、貧血の方が多いですが

 

妊娠中に貧血だと、出産時の「出血」に影響が出てしまいやすいので

 

慎重にマタニティライフを送らないと行けませんね!!

 

 

特に「鉄分」をどのよう摂取すればいいか!!??

 

妊婦の貧血には非ヘム鉄!

食材から摂取できる鉄分は主に2種類、ヘム鉄と非ヘム鉄があります。

それぞれの違いはというと、魚や肉に多く含まれ、吸収率が高い動物性鉄分がヘム鉄。

 

野菜や穀類、海藻類に多く含まれており、吸収率が低いのが非ヘム鉄です。

 

 

吸収率はヘム鉄が10~20%、非ヘム鉄が1~6%と断然ヘム鉄のが高いです。

 

ヘム鉄を多くとりすぎてはいけないのなら、非ヘム鉄の吸収率を上げなければせっかく摂取しても無駄になってしまいます。

 

非ヘム鉄はビタミンCや動物性タンパク質と一緒に摂取すると吸収率を上げることが出来ます!

 

サラダや肉や魚などがおすすめですね。
食事で非ヘム鉄を摂取するには阻害するものにも気をつけなければいけません。

 

 

食物繊維やお茶に含まれるタンニンによって吸収しにくくなるので、食事の際、緑茶などは出来るだけ避けましょう。

 

小松菜

小松菜は栄養素が多く含まれる野菜として有名ですね!!

妊婦さんにとっても良い食材です。鉄分はもちろん、ビタミンA、Bともに豊富に含まれています。
小松菜のビタミンAはβカロテンに変わって吸収されるので、ビタミンAの過剰摂取にはなりません。安心してたっぷり食べられます。スムージーにすれば栄養素をこぼすことなく取れるのでおすすめです。

納豆

日本人である私たちになじみ深い納豆、体に良いことはご存知ですよね。

 

納豆には鉄分、タンパク質が豊富です。

 

貧血予防をしてくれるだけでなく、血をサラサラにする効果もあるのでおすすめできる食材です。

海藻

海藻には鉄分が豊富。

 

そのほかにもビタミンやミネラル、カルシウムなども含みます。

 

満腹感も得られて、しかも美容効果も高いので、妊婦さんの肌荒れにも最適!
サラダやお味噌汁、おにぎりなどにすればビタミンやタンパク質もプラスされるので、効率よく鉄分を吸収できます。

 

 

 

マヒナマインのマタニティヨガ体験受講は

随時受け付けています。

マタニティヨガ体験申し込み

 

 

 

 

 

体験受講のお申し込みはこちら

PAGETOP