マタニティヨガ【体の変化を知ってマイナートラブルを解消!】

横浜元町女性のためのヨガスタジオ マヒナマイン

インストラクターのはづきです。

 

あなたは妊娠中の女性のからだと仕組みを知っていますか?

女性の体は妊娠で大きく変化します。

妊娠中の体がどんなふうに変化していくのかを知れば、

体にかかる負担を軽減することができ、

より健やかなマタニティライフを送ることができます。

 

妊娠中期から後期になり、お腹の赤ちゃんが成長し子宮が大きくなると、

その重さのバランスを取ろうと越谷やそり気味になり、背中が丸くなってきます。

そのため、腰から背中、首の痛みに悩まされることも。

マタニティヨガは、日々変化する自分のからだや心と向き合い、メンテナンスしていくのにとても効果的!

マタニティヨガで柔軟性のある背骨を作り、腰や背中の痛みを解消していきましょう。

そして、妊娠中でも正しい姿勢を心がけましょうね。

 

今日は ”片足長座のねじりのポーズ” をご紹介します。

P1040452

 

片方の足を前に真っ直ぐに伸ばし、もう片方のひざを曲げかかとを足の付け根の方に引き寄せます。

背筋を伸ばし、息を吐きながら肩をゆっくりと後ろへ引くようにして、体をねじります。

そのまま楽な呼吸を繰り返しましょう。

 

妊婦さんのココに効く!

・体をねじることにより血流が良くなり、腰や背中の痛みを軽減する。

・左右差を感じることができ、からだのバランスを整えることができる。

 

 

 

 

芽 お客様の声

・妊娠前よりも心穏やかに日々を過ごすことが出来ていて、とっても幸せな妊婦ライフを送っています

・レッスンをした日はぐっすり眠れます。

・マタニティヨガに参加して、充実した時間を過ごすことができ、心身ともに落ち着いてきました。

体験受講のお申し込みはこちら

PAGETOP