マタニティヨガ【肋骨下端部痛の予防】


女性のためのヨガスタジオ・マヒナマインです虹



マタニティヨガ の様子

マヒナマインの日常日記

赤ちゃんが成長して子宮が大きくなってくると、肋骨の下端部を圧迫し、痛みが生じることがありますダウン


そんな時は肋骨を引き上げるように伸ばし、肋骨の下端部をほぐしておくと痛みを軽減できます。


また、赤ちゃんの成長にともない、子宮が胃や心臓を押し上げるため、食欲不振、動機、息切れなどの症状も出やすくなります。


こんな時も、脇や体側をしっかり伸ばすと肋骨がひきあがり、スペースができ、呼吸も楽になります。


出産間近になると、赤ちゃんが下がるので、圧迫感もなくなってきますが、それまでは日々変化する自分の体や心と向き合い、メンテナンスしていくことが大切ですきらきら


このようにからだや心にかかる負担をマタニティヨガ で軽減し、より快適なマタニティライフを過ごしましょうアップ





今日は、” かんぬきのポーズ ” をご紹介します。

マヒナマインの日常日記
息を吐きながら、ゆっくりとからだを倒し、ラクな呼吸を繰り返します。


お腹の赤ちゃんを少し前に突き出すようにして、骨盤をまっすぐ正面に向けましょう。


足の付け根やももの前側を伸ばすことで、下半身の血流も良くなりますアップ



妊婦さんのココに効く!

・肋骨を引き上げるように体側を伸ばし、子宮とぶつかる肋骨の下端部をほぐす


・腰から指先までをしっかりと伸ばすことで、指先のしびれやこわばりを予防する。


コスモス参加者の声


他の妊婦さんとも情報交換できたり、いろいろ不安なことも減って、体も心も楽になっていますきら

マタニティヨガだけでなく、マタニティビクスも、ストレス発散になって、とっても気持ちいいです合格


・朝は動くのが面倒に感じても、レッスンに来るといつも、”来てよかったー音譜”と思います。体調がどんどん良くなりますドキドキ


マタニティヨガはこちらからお申し込み下さい。体験受講2100円。



女性のためのヨガスタジオ・マヒナマイン



きら「マヒナマインクリーム ナチュラルタッチ」きら 

好評発売中!ラブラブ

松本智子 ヨガとマクロビダイアリー


・妊娠線の予防改善


・かゆみが気になる妊娠中の皮膚のケア

・出来てしまった妊娠線の改善

・産後の皮膚のたるみケア など・・・



産前・産後の女性のお肌をフルサポートしてくれる、安心・安全の自然派クリームです虹

早い週数からのボディケアをおススメしますラブラブ

「マヒナマインクリーム・ナチュラルタッチ」

お教室またはホームページ より、お求めいただけますラブラブ

体験受講のお申し込みはこちら

PAGETOP